決済手段

カード決済
VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERSの国際5ブランドに対応。クレジットカードだけでなく、デビットカード・プリペイドカードもご利用いただけます。

カード決済機能詳細

分割払い・リボ払い
一括払いだけでなく、分割払い、リボ払いにも対応しています。決済単価が高額なビジネスにおすすめです。
※ご利用いただけるお支払方法はカード会社の審査結果によります。
オーソリ後の売上確定タイミングのコントロール
オーソリ取得後、すぐに売上確定する「即時運用」だけでなく、任意のタイミングで売上確定する「仮・実運用」にも対応しています。「仮・実運用」は、予約商品や受注生産品の販売など、受注からサービス提供までの期間が長いビジネスに最適です。
再オーソリ機能
仮売上から決済確定までの期間を延長でき、オーソリの無効化を防止。代金未回収のリスクを低減します。
顧客登録・カード情報登録
購入者の情報をfincode上に顧客登録・カード情報登録することで、2回目以降は登録済みのカード情報を使用して決済することが可能です。リピーターのお客様のCVR向上や、サブスクリプション型ビジネスの定期課金の際にご活用いただけます。

サブスクリプション管理機能

登録した金額・スケジュールに基づく自動月額課金
サブスクリプションを作成し、金額とスケジュールを設定することで、月額課金処理を自動化することが可能です。
課金日・開始日・終了日の設定
「毎月○日」を課金日として設定することができるほか、開始日を指定することで無料期間を設定したり、終了日を指定することでサブスクリプション解約時の課金停止忘れを防止することが可能です。
課金プランの作成により将来の変更にも柔軟に対応
「スタンダードプラン」という名称で「月額980円」の課金プランを作成しておくことで、将来「スタンダードプラン」の料金が変更になったとしても登録ユーザーの決済金額を一括変更することが可能です。

開発者向け

本番環境と完全に分離された安全な開発環境
万全のセキュリティを確保し、安心して開発していただくため、fincodeはテスト環境(開発環境)と本番環境(運用環境)を完全に分離してご提供いたします。テスト環境はユーザー登録後すぐにご利用いただくことができ、テストカード等をご用意しております。
エンジニアチームもオペレーターチームも使いやすい管理画面
fincodeの大半の機能は管理画面からでもAPIからでもご利用いただけます。サービスリリース後は、エンジニアチームの工数を割かず、オペレーターチームの工数で様々な対応が可能です。
WEB上で確認できるドキュメント/REST APIリファレンス
開発に必要な情報は全てWEB上に公開されています。
レスポンスサンプル等は、Node.js, Go, Python等、テック系ベンチャーの開発チームで多く採用されている言語に優先的に対応しています。
開発の選択肢が広がる4つの接続方式
カード情報の非保持化を実現する4つの接続方式を提供しています。

トークン型
クライアントとfincode間でカード情報をトークン化する方式です。最もカスタマイズ性が高く、決済前から決済後までのUXを完全に貴社側でコントロール可能です。

リダイレクト型
fincodeがホスティングする決済画面にリダイレクトしていただく方式です。貴社側で開発する画面数を抑えて決済フローを作成できます。

WEB UIコンポーネント
fincodeが提供するUIコンポーネントをご利用いただくことで、開発工数を抑えつつ、柔軟なデザインカスタマイズが可能です。

モバイルSDK
iOS向けのネイティブアプリに決済機能を実装する場合にご利用いただけるSDKを提供しています。
※android向けのSDKは6月中に提供予定です。

料金

決済手数料一律3.6%
初期費用0円、固定費用0円。また、決済手数料一律3.6%のみで、見積もり不要なシンプルな料金です。※売上金の振込手数料も無料です。

入金サイクル

月1回締め・月2回締めを選択可能
追加料金なく、2つの入金サイクルから選択可能です。

・月1回(末日)締め/翌月末日入金
・月2回(15日・末日)締め/15日後入金

クイックスタート

カード決済が最短当日中に利用開始可能
VISA、MASTERは最短当日中*、JCB、AMEX、DINERSは2~3営業日で、本番環境での利用が可能です。
*ご利用には所定の審査が必要です。また、所定の条件を満たした場合、申込後即時でご利用開始いただくことも可能です。

カスタマーサポート

安心のサポート体制
不明点がある場合や、不正利用の被害にあった場合など、専門知識を有するサポートチームが課題解決をお手伝いいたします。

管理画面のセキュリティ対策

2要素認証に対応
OATH TOTP(Time-based One-Time Password)の認証アプリを利用し、シンプルかつ安全にログインできます。
※2要素認証の設定は、テスト環境では任意、本番環境では必須です。
ユーザー単位の権限設定
用途に合わせて、「オーナー」「管理者ユーザー」「一般ユーザー」「参照ユーザー」のロールからユーザー権限を設定可能です。

不正利用対策

セキュリティコード・3Dセキュア
国際標準のセキュリティコード認証、3Dセキュア認証を無料でご利用いただけます。
不正懸念取引発生時の調査サポート
不正利用懸念がある取引が発生した場合、専門チームが利用内容の調査やカード会社対応を無料でサポートいたします。