コンビニ決済

コンビニ決済とは、購入者がお手持ちのスマートフォンに電子バーコードを表示し、コンビニ店頭でお支払いいただく決済手段です。
全国のコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、セイコーマート、デイリーヤマザキ)でいつでもお支払いが可能なため、クレジットカードを持っていない/なるべく利用したくない、幅広い年代の購入者のニーズに応えることが可能です。
コンビニ店頭で支払番号を入力/提示する方式に比べ、コンビニ入店後の手続きが簡単なことが特徴です。また、紙の払込票を利用する方式に比べ、印刷コストや紛失リスクがない点が特徴です。
通常、ショップが購入者にコンビニ決済を提供するためには、コンビニ会社・収納代行会社とのご契約、審査、システム接続、精算業務が必要になりますが、fincodeはこれら全てをワンストップでサポートします。

fincode byGMOのコンビニ決済
  • SEVEN ELEVEN
  • LAWSON
  • MINISTOP
  • SEICO MART
  • Daily yamazaki

※ 近日中に対応コンビニの変更予定 (ファミリーマート追加・デイリーヤマザキ利用停止)

最寄りのコンビニでいつでもお支払いが可能

全国のコンビニでいつでもお支払いが可能なため、クレジットカードを持っていない/なるべく利用したくない、幅広い年代の購入者のニーズに応えることが可能です。

  • コンビニ決済でターゲット層の拡大

    ターゲット層の拡大

    コンビニ決済でターゲット層の拡大

    簡易な情報入力で注文でき、時間と場所を選ばずお近くのコンビニ店頭で支払いできるので、クレジットカードを利用しない未成年者やお年寄り、女性の方々に大人気。ターゲット層の拡大に効果を発揮します。
    特に、食品・スイーツや音楽関連の物販、イベント関連のサイトの購入者様には圧倒的に支持されています。

  • コンビニ収納会社との契約、審査、システム接続、<br>精算業務をワンストップでサポート

    コンビニ収納会社との契約、審査、システム接続、精算業務をワンストップでサポート

    コンビニ収納会社との契約、審査、システム接続、<br>精算業務をワンストップでサポート

    fincodeは、事業者様に代わって、事業者様と決済会社(コンビニ収納会社)の間の
    1.契約・審査管理(決済手段を利用するための加盟店契約や審査)
    2.データ通信(決済日時・決済金額等、決済に必要な情報のやり取り)
    3.精算業務(決済会社から事業者様への入金)
    をワンストップでサポートします。

  • お支払い時にコンビニの選択が不要<br>どこのコンビニでも同じ手順でお支払い可能

    お支払い時にコンビニの選択が不要
    どこのコンビニでも同じ手順でお支払い可能

    お支払い時にコンビニの選択が不要<br>どこのコンビニでも同じ手順でお支払い可能

    fincodeでは、スマートフォンに電子バーコードを表示し、コンビニ店頭でお支払いいただく方式を採用しており、どこのコンビニでも同じ手順でお支払いが可能です。購入者がお 支払いをしたいタイミングで、一番近いコンビニを選ぶことができます。

コンビニ決済の流れ

fincodeのコンビニ決済の流れはとてもシンプル
バーコードを表示したら近くのコンビニのレジでそのまま支払えます。

STEP1
決済でコンビニ決済を選択
代金の支払い方法を選択する画面でコンビニ決済を選択
決済でコンビニ決済を選択
STEP2
バーコードを取得
ショップからのメール、または決済選択後の画面遷移で支払いに使用するバーコードを取得、表示
バーコードを取得
STEP3
コンビニで支払い
近くのコンビニエンスストアのレジでバーコードを提示、店員に読み込んでもらい支払いを行うことでコンビニ決済が完了

コンビニ決済の料金

初期費用、月額固定費用は0円、決済手数料3.6%
最低手数料130円/件になります。
※ 近日中に 150円/件に変更予定

その他決済の料金
決済手数料
3.6%

fincodeではこんな決済に対応しています

開発環境をサポート

REST APIでの各機能の提供に加え、分かりやすいリファレンス、
豊富なサンプルコードにより、開発者をしっかりサポートします。

お問い合わせ

fincodeに関するお問い合わせは
こちらのお問合せフォームよりご連絡ください。